私の失敗談

ファッションと買い物が好きだった私は、大学を卒業してからお客様目線で、ほしいと思う商品を探すお手伝いができればと思い、希望だった百貨店へ就職することができました。

1年目は接客の楽しさを感じながらも日々の業務を覚え、こなすのに必死でした。

2年目・・・少しずつ仕事を覚えてきましたが、クレーム対応などにも携わるようになり

自分に自信の持てない日々を送るようになりました。

3年目・・・今となってはもっと経験を積んでおけばよかったと思いますが、ただ「辞めたい」という衝動にかられ、退職することにしました。

・・・ですが、ここからが大変!!!いくつかよくわからない書類が会社から渡されました。

 ●「雇用保険被保険者証

  「次に就職するときに必要だからね」と言われ、何に使うのかは不明でした。

 ●「年金手帳」

  「年金、今までは天引きだったけど、次の就職までは自分で払わないといけないんだぁ」

   くらいの考えでした。これが大変!

 ●「源泉徴収票」

 ●「離職票」

・・・そして「健康保険証」は会社へ返却しました。

  「健康保険料も自分で払わなきゃいけないんだぁ((+_+))」

次に就職の間まで、日々の生活費と、この年金&健康保険料の支払いで貯金はすぐに底を尽きようとしていました。

タイトルとURLをコピーしました